損切りポイントについて

損切りポイントについて

公式サイトでは

「損切りについては一切相談に乗りません」

とあります。

中野さんとしては、苦渋の思いがあっただろうと思います。

これを保障してしまうと、かなり危ない。

しかし、ここで、僕なりに、初心者限定ですが、

良い方法が見つかったので書いておきます。

2システムを同時に行っているとします。

入金は40万きっちりとします。

イーバンクを契約して、いつでも入金できるようにしましょう。

(出金は時間がかかる・・なんで?)

これで、もし儲かったら、すぐ出金処理をしてしまいます。

それで残金40万を保ちます。

もしマージンコールがかかると・・・25万消えます。

しかし15万は残ります。

確率は低いのですが、

数カ月に一度25万無くなるかもしれない、という覚悟を決めるのです。

それで、年間トータルいくら、という計算に切り替えます。

証拠金ですが、30万でもいいかもしれません。

ただし余り少ないと、マージンコールにかかる確率が高くなるし、

かえって損をするかもしれません。

したがって、40〜50万ぐらいがいい線なのではないか、と思っています。

今回の失敗について 2007年06月07日

今回の失敗について
(2007年06月07日)

ポンドとドルで必要な証拠金が違います。

2つで40万(余裕分は25万なり)としていたのが間違い。

ポンドで40万。
ドルで20万ぐらいはほしかったのか。合計60万。

どちらかだけの約定ならこれでもいいのだけど、

療法が約定して、いったん下げると、結構ひどい目にあう。

1)どちらかが約定したら、片方をキャンセル
2)決済するまで新規注文しない
3)60万になるまでは、同時約定に注意。
4)もし同時約定してしまったら、1円の損切りを入れる。

60万を超えたところで作戦変更します。